前へ
次へ

健康保険の適用事業所の種類について。

健康保険の適用事業所には、強制のものと任意のものとがあります。
強制適用事業所とは、常時5人以上の従業員を使用する事業所や国または法人の事業所のことで、事業主や従業員の意思に関係なく健康保険や厚生年金保険の加入が義務付けられている事業所のことを言います。
一方任意適用事業所とは、強制的ではない事業所のことで、事業所自体が日本年金機構の認可を受けて健康保険や厚生年金保険の適用となった事業所のことを言います。
事業所で働く半数以上の人が適用事業所になることに合意し、事業所が申請をすることにより日本年金機構の認可を受けると、被保険者を除外される人以外に働いている人全員が健康保険や厚生年金保険に加入することができるようになります。

Page Top