前へ
次へ

健康保険の適用事業所について

健康保険については、給付は個々の被保険者または被扶養者に対して行われますが、加入自体は勤務先単位で行われます。
この、健康保険に加入している事業所を適用事業所といいます。
適用事業所には強制適用と任意適用の2種類があります。
このうち強制適用とは、法律によって加入を義務付けられている事業所のことをいいます。
具体的には株式会社・合同会社・財団法人・社団法人などすべての法人格を持つ事業所がこれに該当します。
また法人ではないいわゆる個人事業所であっても、常時5人以上の従業員を使用する事業所であって特定の業種に該当する場合は業種適用となります。
業種の範囲はあらかじめ定められていますが、一部のサービス業や農林漁業を除くほぼ全業種が指定されています。
一方任意適用とは、強制適用には該当しないが申請を行うことによって加入する事業所のことをいいます。

Page Top