前へ
次へ

健康保険の適用事業所は2通りあります

健康保険の適用事業所とは、事業所を単位に適用されます。
健康保険の適用を受ける事業所を、適用事業所といい、法律で加入が義務づけられている強制適用事業所と、任意で加入する任意適用事業所の2種類があります強制適用の場合は、製造業、土木建築業、電気ガス事業、運送業、清掃業など、常時5人以上の従業員を使用する事業所や、国や地方公共団体又は法人の事業所など、従業員の意思に関係なく、保険への加入が定められています。
任意適用の場合は、日本年金機構の許可を受け、健康保険の適用となった事業所のことです。
保険料は、強制適用と同じ扱いになります。
また、被保険者の4分の3以上の人が、脱退に応じた場合は、日本年金機構の許可を受けて脱退することができます。

Page Top